へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功者の告白【神田 昌典】

コンサルタント界のカリスマ神田昌典氏が、成功するまでに味わう成功した人にしかわからない人間としての苦悩を小説化した本。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・起業して成功するポイントは1も2にも3にも参入タイミング。

・ピーター・クライン博士が考案した承認の輪でお互いの存在を認め合う事と、クッシュボールを使ったグッド&ニューというゲームで自然に人の考え方を前向きに変える方法で、個々人の内面から組織を変えていく方法がある。

・リッツカールトンホテルがはじめたクレド(掟)を通してスタッフへ企業の哲学や価値観を効果的に浸透させ、一人一人が思考・判断できる文化を根付かせる。

・子供は集中力を妨げる存在じゃなく、一緒に緑に触れ合ったりすることでリフレッシュすることや、新たな発見に出会わせてくれることができる存在。

・偶然を偶然とみなすな。

・ビジネスモデルのチェックポイントは1に扱うサービスや商品が成長カーブのどこか。2に競合に対する優位性。3に最低5~6割の粗利率が確保できるか。

・実績作りと手ごたえを確認するために広告費と割り切ってはじめは商材を無料で提供してみる。

・見込み客が購入まで検討する期間を頭に入れて、成功事例レポートなどをつかったフォロー営業をすることが大事。

・成長する会社の組織作りには会社のステージごとに配役が必要になる。導入期に起業家(社長)、成長期前半に実務担当(片腕)とまとめ役(問題児)、成長期後半にまとめ役(母的存在)と管理者(官僚)がシステムを作り効率化、成熟期に起業家が新しい成長カーブを描く。
評価☆☆☆☆☆

[2006年2月22日投稿分]

スポンサーサイト

バブルの物語【ジョン・ケネス・ガルブレイス】

身長2メートル超で98歳のガルブレイスは、50の名誉学位を持ちアメリカ経済学会会長やルーズベルト,トルーマン,ケネディ,ジョンソン大統領顧問などを歴任し、現役最高経済学者と呼び声が高い。
その著者が15年以上前に、17世紀のチューリップ相場から1929年の大恐慌や日本のバブル崩壊などについて触れた本。
楽天ブックスの扱いはなし



評価☆

[2006年2月24日投稿分]

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法【山根 亜希子】

海外生活を希望するトレーダーとして外国為替は切っても切れない縁のものだし、FXを利用した金利収入ならどこで暮らしていても問題ない。
著者は普通のOLだけど、出社前退社後のFX投資で生活費を稼いでいるらしい。
楽天ブックスはこちら



評価☆

[2006年3月16日投稿分]

田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック【田平雅哉】

個人投資家として成功している内科の勤務医さんが、外貨投資についてとても読みやすく書いている。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・投資の行動原則は経営につながる。
成功する経営者は現在の状況だけでなく将来の変化を予想し戦略を立て、過去の成功体験には固執しません。
利益の出る事業に選択と集中を行い利益を十分に獲得します。
不採算事業からは潔く撤退する勇気と決断力をもっています。
他の会社が儲けている事業に後乗りすれば競合も多く競争が熾烈になります。

・投資指標MACDの有効な使い方。
評価☆☆☆

[2006年3月16日投稿分]

投資の王道 通貨証拠金取引編【新井邦宏】

FX(外国為替証拠金取引)の仕組み・売買方法や悪質業者を見分ける約款の注意点から、リスク管理の考え方や各通貨の相場動向までとても分かりやすくて、FXの教科書としてこれ一冊で十分な内容だった。
一目均衡表の教科書としても十分な内容だった。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・ダウ理論、ワイルダーの定義、一目均衡表、エリオット波動、フィボナッチ数列などの各種テクニカル分析指標の使い方。

・基準線は相場の方向性を示す。

・相場が強ければ転換線を割り込まずに推移し、雲の水準までの押し目はない。

・それまで基準線を割り込まなかった相場が基準線を割り込み始めると、比較的大きな調整に入る可能性がある。

・先行スパン上限で押し目をつけた後、基準線を超えられずに戻りを売られると雲を割り込みやすくなる。

・遅行線が日々線や先行スパンを割り込むところでは大きな売りが出る。

・下落局面では基準線までの戻りはほとんどない。

・相場の材料を追いかけて売買している投資家は、情報の遅れを追求しているようなもの。
評価☆☆☆

[2006年3月31日投稿分]

宗教家になるには(僧侶・神主・神父・牧師ほか) 【島田裕巳】

神父・牧師・坊主・神主には、どうやってなるのだろうという疑問から読んでみた。
各種僧侶の日常業務や収入形態となり方が分かった。
楽天ブックスの扱いはなし



my point is ...

・宗教家とは人を救う職業じゃなく、自分とは何なのかについて苦悩する仕事。

・キリスト教では信徒会という信者の組織が教会の維持運営に深く関わるので、神父はお寺や神社に比べて礼拝や説教などの指導者としての活動に専念できる。

・カトリック→神父、プロテスタント(基督教団)→牧師

・プロテスタント系のおもな大学
西南学院大学、関西学院大学、同志社大学、立教大学、日本ルーテル神学大学、東京神学大学、東京基督教大学、茨城キリスト教大学、東北学院大学
評価☆☆☆

[2006年4月13日投稿分]

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!【中村 文昭】

他人を押しのけて成功する弱肉強食の考え方ではなく、たくさんの知らない人を味方につけて良い人生にしようという本。
人脈作りの具体的なノウハウは続編かな?
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・「でも」「しかし」をやめて「なるほど」「へぇ」「そうなんですか」と、心を込めたあいづちをする。

・今できることに打ち込むしか打開の方法はない。

・言葉が通じないから熱意が伝わり心がつながる。

・正論でかためればかためるほど相手は逃げ道がなくなり反発する。
評価☆☆☆

[2006年4月4日投稿分]

図説 マネーの心理学【林 康史】

投資家にとって必須能力の心理学を勉強するために読んでみた。
人間心理をはさむギャンブル(パチンコやロト6など)を好きな人が読むと良さそうな内容。
著者はジム・ロジャーズ、ラリー・ウィリアムズ、ロバート・キヨサキなど超有名本の訳者。
楽天ブックスの扱いはなし



my point is ...

・投下した戻らない費用の部分(sunk cost)を意識してしまうと、正しい判断ができない。
自分で所有しているものに対しても、それを今もっていないと仮定して「今買いたいか」を考える。

・金融商品を購入したときに買いコストを意識してしまいがちだけど、買った理由と売るときの価格や時期(シナリオ)を記録するべき。
評価☆☆

[2006年4月18日投稿分]

三村式ネット株実践編 3億円大学生が徹底指導した勝利の鉄則【三村雄太】

著者は大学2年のときに元手30万円で株をはじめ、卒業前には3億円を突破したカリスマデイトレーダー。
週刊SPA!の取材でジェイコム騒動の翌日に三村式を実況中継していたり、編集記者が身銭を使って弟子入りしてデイトレで実際に儲ける方法を学ぶ本。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・予想に反して下げたのなら、たとえ1円でも損切りして次を探す。
もしその後再上昇したら、また買えばいい。

・短期投資でナンピンや塩漬けは、資金効率が悪くなるので厳禁。

・イケる!と思ったら目いっぱい張るが、損切りは命。

・1tickで億規模の大きな出来に注目し、ついていく。

・何日かかけて底値から浮上してくる銘柄は急落リスクが少ない。

・仕手筋が手仕舞うときは買いの見せ板を作り、他人に買い上がらせて売り抜けるから板がブ厚いのに上昇が鈍いときは要注意。

・売板が厚くてもあまり下がらない銘柄が本当に強い銘柄。
評価☆☆☆

[2006年4月24日投稿分]

80人の海外成功物語【内田麻衣子、飯田かすみ】

ビジネス、芸術、エンターテイメント、医療、癒し、音楽、支援活動、スポーツなど様々な分野で活躍する日本人へのインタビュー記事がまとめてあり、波乱万丈な人生を送られた国際人の半生が数ページでサラッと読めるお得な本。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・どの人も活き活きしているだけでなく奉仕の精神が感じられる。

・はっきりと海外に住みたい理由と目的がなければ日本脱出をやめたほうがいい。

・あなたの居場所は世界中にある。

・海外に出て成功する秘訣は、自分の夢や思い入れに対してすべてを懸けて成功するまでやり続けれること。
必要な知識、知恵、方法はその過程で自然に生まれてくる。
(一旗会主催者の射手園達一)

・下宿屋経営の外間真清さんがLAにSchool of Success Dynamicを開校予定。
評価☆☆☆

[2006年5月1日投稿分]

東京タワー【リリー・フランキー】

フジテレビドラマ化決定!
全国の書店員がいちばん売りたい本を選んだ『2006年本屋大賞』受賞作品。
今までに出会った数百冊の本のなかで、こんなに心を揺さぶられる本には出会ったことがない。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・自分が恥を書くのはいいが、他人に恥を書かせてはいけないという躾。

・東京でも田舎町でも一緒よ。結局は誰と一緒におるのか、それが大切なことやけん。

・命を懸けて子育てをし親孝行することと、何でも笑いにして楽しく笑顔で生きることの大切さ。
評価☆☆☆☆☆

[2006年5月3日投稿分]

金融イソップ物語【ジョン・トレイン】

マネーマスターズ列伝のジョントレインがバブル最中に書き下ろした当時の話題作らしいが、絶版なのかアマゾンマーケットプレイスの古本で3倍のプレミアがついている本。
楽天ブックスの扱いはなし



評価☆

[2006年5月7日投稿分]

運の流れにのる、たったひとつの方法 【中野裕弓】

字数もぺージ数も少なくサラッと読めるが、そのシンプルなメッセージで身体が軽くなる。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・がむしゃらに努力するのではなく、隠れている内側の気持ちに素直になってリラックスした状態で生きる。

・目的、目標に要らない外側からの情報と、見栄を張る物や過去を引きずる物をサッパリ切り捨てる。

・先入観や固定観念などの常識でガチガチに自らを固めたり、他人と自分を比較したりすることをやめる。

・他人を否定したり憎んだりする感情は、相手にエネルギーをプレゼントすることになるので損。

・ほんとうの気持ち(叶える夢)がわかったら先ず踏み出し、雑念を頭から消して結果にこだわらずプロセスを楽しむ。

・そのとき必要とすることや物が不思議と向こうから寄ってくる、筆者が言うマスタールートを以前確かに体験した。それを素直に信じること。
評価☆☆☆☆☆

[2006年5月14日投稿分]

自分と未来は変えられる【高塚猛】

著者はリクルート出身の再建請負人と呼ばれるプロ経営者で、元福岡ダイエーホークスやダイヤモンド社などの社長を務めたがセクハラで逮捕された。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・仕事をしてきた人や事柄を否定しても何も始まらない。

・始めから自分の言い分は3割しか通らなくて当たり前と思って、相手の言い分を尊重しあげていると良好な人間関係を生むので、自分の大切な主張を受け入れてもらえる。

・自分に自信がある人は相手のプライドを傷つけないように分かりやすい言葉で話が出来るが、役職や見栄にこだわる人は難解な言葉を使うことで自分の立場を強め説得しようとする。

・人に借りをつくるなという言葉があるが、コミュニケーションを良くするには相手に知識や経験・知恵などの貸しを持ってもらうことで優越感を譲る。
例)ねぎらいの言葉をかける場合は「大変だね」より「助かるよ」

・良い結果を出すためには人にプレッシャーをかけてはいけない。
上司の仕事は部下の重圧をといてあげる事。怒るときは未来に向かって直してもらいたいことを(いからずに)叱る。

・事業を成功させるうえでは、大切なことをするために正しいことを捨てる勇気を持つ。美しいからといって全部活けてしまったら生け花にはならない。
評価☆☆☆☆

[2006年5月23日投稿分]

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100【スティーブ・ソレイシィ】

著者は日本の弁論大会で優勝するくらい日本語が達者でNHKのテレビやラジオで活躍するスティーブと彼の母。
子育ての過程で自然に覚える表現を、Baby編Go ahead.から順に日本人好みな柔らかい応用フレーズも紹介されているのでvery good!
【付属CD付き】
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・ルール1は、主語を必ず入れる。

・ルール2は、語順(主語+動詞+場所+時間)

・ルール3は、瞬発力(正しさより簡単に伝えるスピード優先)
評価☆☆☆☆☆

[2006年5月28日投稿分]

平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます! 【三村 雄太】

著者本人曰く、名古屋の三流大学生だそうだが株をはじめて2年で30万円を3億円にした天才デイトレーダー。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・持ち続ければもっと儲かったのにというのは結果論。
絶対に欲張らず利益を確定し、様子を見た後まだ強いなら再び買う。

・上昇スピードが速いと急落する恐れが強いので、ほどほどでいったん利食う。

・儲けることより大きく損することを避ける。

・その株を買った目的を途中で変更してはいけない。
短期保有目的で買った株を長期で保有させる時点で間違っている。
評価☆☆☆

[2006年6月4日投稿分]

5時間でわかる!KOSEI式ネット株 デイトレ&スイング 必勝法 【石田高聖】

1日3000万円を稼ぐカリスマトレーダーが、数多くのチャートで具体的にどのポイントでどう売買判断を下すかを解説した実践的な本。
著者のサイト Webマガジン"プロフィット"
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・高値更新は買い、安値割れか勢いが衰えたら売り。

・長めの上ひげ付き陰線で売り。
評価☆☆

[2006年6月7日投稿分]

迷える子羊式 株のデイトレ革命で給料以上儲ける!

27歳のサラリーマンが1年で20万円を5000万円に殖やした、チャートを使わないデイトレのノウハウを公開した本。
チャート学習編は仁科剛平氏と、楽天証券の福永氏が解説する。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・銘柄選びでは流行り廃りに敏感になって機関投資家の参入が少なく、空売り不可の小型株を選ぶ。

・買った後により高い値段で買ってくれる人が現れることが必要。

・チャートで見るのは過去の壁。高値抜け、安値割れを狙う。

・移動平均線は向きと乖離と突き抜けを見る。

・板から動きを予測しやすい得意銘柄を作り、板の積もり方を見ること。

・株価が上げるときは出来高が急増して騒がしく上がり、下げるときは買い手が少なく売り物に押されて静かに下がることが多い。
評価☆☆☆

[2006年6月11日投稿分]

スイングトレードで毎週を給料日にする!【二階堂重人】

この本を読んで、著者が個人投資家から支持されている理由がよくわかった。
丁寧に基本的なことまで書かれている反面、利益を上げる大事な手法をもったいぶらず率直に書かれている。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・反転買いのシグナルは、①低い位置で②出来高が多くなり③下ひげが長い陽線が表れた場合。

・オーバーナイトで買い仕掛ける条件は、①大陽線②出来高急増③株価低中位置④日経平均上昇トレンドのとき。

・材料の蒸し返し買いは、①株価急騰後②信用売残が増えた銘柄が③下げ止まったところで買う。

・利食いのタイミングは、①陽線が続いた後の陰線②大陽線③長い上ヒゲ、のどれかを確認後に売る。
「大きな利益」と「速さ」のどちらをとるかによるが、含み益をきっちり現金化したほうが無難。

・損切りは、恐怖と欲の攻防。
迷っていると下げが加速しスイングトレードでは最悪の塩漬けになるので、あらかじめ2~3回の売買で取り戻せる範囲でロスカットラインを決めておき、躊躇せず確実に約定させる。

・ポジションは買いと空売りの両方を持ち、バランスは相場全体のトレンドではなく位置で調整する。
評価☆☆☆☆☆

[2006年6月13日投稿分]

ゾーン【マーク・ダグラス】


ゾーンは人間の習性がもたらす障壁を乗り越えて達するといわれている悟りの境地。その状態が相場の世界で長く生き残る条件。
とても良いことを書いてあるが文体が読みにくい。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・分析を質量ともに向上させたとしてもトレードの難しさは解決できず、一貫した結果は残せない。

・自分の姿勢と精神状態がはっきり結果となって表れる。

・失敗が続いているときや、期待している方向と反対のことが起きた場合、本能的に不都合な情報を阻止してあいまいにする別の情報を探して精神状態を維持する。その過程で機会を逃し「すべきだった」と後悔し苦痛になる。

・自分の欲求や期待通りにならないことを恐れている限りミスを犯す。恐怖は苦痛への脅威から生まれ、焦点の狭小化や逃避などを起こして前向きな行動を難しくする。

・リスクを許容できていれば失敗しても自分の規律・集中力・自信を失わず、葛藤なく事実を認める。

・最高のトレーダーは恐れない。そして瞬間の唯一性を信じる心の鍛錬をしていれば不快感なく結果を受け入れる。これが勝利者とその他大勢の差であってトレード方法やタイミングではない。

・全てのトレードが予測できないことを信じてリスクを前もって明確にし、システム化された利食い方法を持つことが必要。

・マーケットに臨む準備はどうやって勝とうとか負けを免れる方法を考えるのではなくて、マーケットの流れから自分の優位性がある機会を認識できる最高の心理状態にすること。

・利益を得るためには先がどうなるか知る必要はないし、気にしない。自分が次にどうしたよいかさえ分かっていれば良い。

・相場で失敗して後悔しているときだけでなく、勝ち続けて浮かれているときに8章と11章を読み返す。
評価☆☆☆☆☆

[2006年6月18日投稿分]

日経225先物取引 基本と実践【増田丞美】

著者はオプション取引の第一人者。この本を読んで先物は怖いという固定観念を鵜呑みにしていた無知な自分が恥ずかしくなった。商品先物はやらないけど。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・勝ち逃げが重要。
継続的に勝負すれば胴元の優位性で不利になる。

・損しても感情的にならない範囲で取引すれば、絶対勝てないパニック状態のギャンブラーにはならない。

・マネーマネジメントはリスクと胴元の優位性を減らし最終的に利益を残す重要な戦略。
勝率50%で勝つマネーマネジメントシステムの例は、負けるたびに掛け金を増額し勝つ毎に減額する。

・トレードでは、結果を偶然にゆだねない。
勝算がない勝負をすることはギャンブルという。

・チャートの欠点を補うために場帖をつけること。

・順張りはトレンドが強いときに効果的で、逆張りはトレンドがないレンジ相場で有効。

・順張りの場合はトレンドの転換点(DMIやMACDで判断)か、ブレイク確認で仕掛ける。

・逆張りでは乖離率やRSIで行き過ぎを観察し、直近の高値や安値をブレイクできなかったとき(2Bパターン)に反転を確認したらすぐに仕掛ける。
評価☆☆☆

[2006年6月23日投稿分]

迷える子羊式 株のデイトレ最新戦法

資金20万円からはじめ、独自ノウハウで2年後に1億円突破した28歳天才デイトレーダーのノウハウ
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・信用取り組みの回転日数が5日を切ってくるようだと過熱感があり要注意。

・銘柄ボードを頻繁にメンテナンスして、株価の動きをよく観察する。上昇率ランキングを見てエネルギーの大きな株と、動きが止まった銘柄の入れ替えをする。

・ランキング常連銘柄のなかにトレンドが1週間程度は続く値動きが非常に強い中心銘柄があり、その流れに引っ張られる銘柄を狙うと芋づる式に儲けることが出来る。

・IPO株はボラティリティが大きいので、冷静に値動きをウォッチし続けられる投入金額に抑えて手がける。

・なぎの状態から急上昇や急落し始めるポイントを発見する方法は、板に注文がぶつけられる力の大きさで判断する。

・コツコツ小さな利益を積み重ね、損切りをためらわない姿勢が資産を増やせた最大の原因。
評価☆☆

[2006年6月27日投稿分]

頭がいい人、悪い人の話し方【樋口裕一】

ベストセラー作品。耳の痛い話も多いが、それぞれの悪習を自覚するためのポイントと周囲の人の対策がはっきり示されている点が良かった。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・物事が道徳では動いていないことと、外国人と子供以外の不道徳な行動をしている人は心得た上でそれを否定しているので、自分の価値基準を押し付けない。

・権威の力で自分の言い分に説得力を持たせようとするのは、金の力で愛を得ようとするようなものだ。

・教養とは自分とは別の価値観も許容すること。自分の価値観で他人の言動を否定するのは、別の国の法律で罰するようなもの。

・ケチをつける癖がある人は「確かに」という言葉を口癖にして、先に相手を認めてから対案を示す。

・人の話を聞けない人は、関心のある話にしか興味を示さず、社会生活を苦手とする。

・感情の起伏が激しい人は、人の話をさえぎって長く喋らないようにすると客観性が保てる。ムキになりかけたら何かの呪文を唱えるように癖付ける。
評価☆☆☆☆

[2006年7月9日投稿分]

損をして覚える株式投資【邱永漢】

約半世紀前、成長株理論を提唱して株価を大きく動かし、株の神様と呼ばれた著者のわかりやい言葉による集大成。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・株は安いときに仕入れて高くなったところで売れば儲かるから安くなったときに買えばいいと誰でもわかっているが、株の安いときはそれなりの理由があって安くなるから、もっと安くなるんじゃないかという恐怖に駆られて大抵の人が買い控え、天井付近でとびつき買いをする。

・多くの人が買値より下げている間我慢し続け、買値まで戻るとあせって売却するが、本当に辛抱が必要なのはその後。

・株式投資は金儲けの場というよりは「精神修業の場」

・証券会社は投資信託で儲けているから、強気を主張するほかない。

・失敗から勉強したことの第一に「初志を貫くこと」第二に「忍耐には忍耐を重ねて途中で投げ出さないこと」

・お金の大きな流れの変化を見ていれば、経済構造の変化がつかめる。

・通貨高は国の値打ちを上げる分、大量に保有する外貨の値打ちを引き下げる。

・日本は稼いだ外貨で外債や不動産を買い目減りさせ、中国は外貨で石油や鉄鋼などの資源の権益を確保する。

・人気さえあれば考えられないような高値まで上るが、人気は長く続かない。

・いくら解散価値があっても買いたい人がいなくなれば二束三文でも人が振り向いてくれない。

・昔経験した知識をもとにして次の時代を予想したら必ず間違える。
評価☆☆☆☆

[2006年7月13日投稿分]

オニールの相場師養成講座【ウィリアム・J・オニール】

マーケットの魔術師として有名なウイリアム・オニールの実践の書
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・上昇トレンド中に出来高増の下落(ディストリビューション)が4週間に5日発生すると下降トレンドに転換する可能性が高い。

・ベア相場では寄りで上げ、大引けで下げることがよくある。

・低位株の活況がしばらく続いたら市場全体が軟化するシグナルかもしれない。

・力強い反発は出来高が前日より突如増加して始まり、4日目から7日目に指数が出来高を伴って1.7%以上上げる(フォロースルー)場合が多く、騙しが少ない。

・大勝ちする銘柄はCANSLIMで抽出した成長株が、週足パターンの中高位置でカップウィズハンドルを形成したとき。

・ベア相場ではブレイクアウトでも絶対買っちゃいけない。

・何ヶ月も上昇し続けた主導株が新高値で大きな窓をあけて寄り付いたらバブルがはじける予兆なので、業績修正や買い推奨には目もくれず利益を確定する。

・上昇トレンドラインの上値側を上抜けたら天井シグナルなのでためらわずに全部売る。

・社長がメディアに登場して業績を誇示するようになるか、本社ビルを建てるようになったら成長は終わり。

・CEOのエゴが強く有無を言わさず引っ張るタイプの場合は長く成功し続ける可能性が低い。

・分散化しても市場全体の動きに対してリスクヘッジにならない。産業グループは分散して銘柄数は絞込み、買値より上げたら買い増しする時間の分散をしたほうが良い。

・株式市場においては大多数の意見と社会通念が命取りになる。
評価☆☆☆☆

[2006年7月19日投稿分]

禅の言葉【マルク・ドゥ・スメト】

フランス語を経由した禅の心。
弟子丸泰仙の書と墨絵が全見開きの左側に掲載されていてお得な本。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・闇の中にも光はある。曇った眼で、闇を見てはならない。
光の中にも闇はある。利口すぎる眼で、光を見つめてはならない。
光と闇は対立を生むがたがいたがいに依存している。ちょうど右足の歩みが左足の歩みに依存するように。

・純粋にして、汚れなき心の本性より放たれた光が海辺に打ち寄せ来たりて、あたりを光の散乱におおいつくす意識の波を切り裂いていく

・不用求真(真理を利用しようと求めるな。ただ先入観を捨て去ることのみ。)

・第二十世にあたる祖師が語った。
「私は道を求めていないし、かと言って、求めていないのでもない。
私は仏陀にひれ伏さないが、かと言って、ないがしろにしているわけでもない。
私は長いこと座禅を組んだりしないが、かと言って、惚けているわけでもない。
食事は一人前では足りないが、かと言って、たらふく食うわけでもない。
すべてに満足というわけでもないが、かと言って、貪欲などはない。
あらゆる欲望を心から一掃する。それが道というものだ」
評価☆☆☆

[2006年7月27日投稿分]

株システムトレーディング入門【酒井智巳】

トレード関係の本には珍しくストーリー形式の本。
同僚のファンダメンタル派投資家と仕事、恋でも対する物語。
物語内で築き上げたシステムトレードのソフト付き。
楽天ブックスはこちら



評価☆

[2006年8月1日投稿分]

カラ売り「勝利の十則」【三木彰】

上昇トレンドの中でも空売りで儲けるための本
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・株式投資は投機という名の戦争だと考える必要があり、株式市場やその周辺に流されている情報は、投資家に高く買わせて安く売らせるためのもの。

・1千億円以上のIPOや増資の直前は機関投資家の売りによって株価が下げやすくなる。

・暴騰時に売る人は、売り逃げを狙って早めに参加していた投資家で、買う人は情報に踊らされるバカな投資家といわれる層で、株価はファンダメンタルで決まり多くの人が買う優良株はもっと上がると考える小口の投資家。

・天井をつけたか判断するには「まだ上がる早く買わなくては」という心理状態が維持できなくなる上昇初期は5日、中期は3週間以内に高値更新しないことを確認する。
天井をつけるときは前高値の2倍以上の大出来高になる。

・大商い後に安全な空売りするためには2ヶ月待つ。

・経験則から上昇トレンドで保合いに入ったら上放れしやすく、下降からから入ったら下に放れやすい。

・大多数が下がると感じ始めたら下降相場の終わりに近いので追撃売りは禁止。
評価☆☆

[2006年8月4日投稿分]

月100万円儲ける!「株」チャートパターン投資術【渋谷高雄】

著者は専業トレーダーをやめてサラリーマンとして働くことで、月100万円以上稼げるようになった個人投資家。
読みやすく大切なポイントがわかり易い本。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・上がった株は適度に売り下がった株は放置すると、すべての資産が塩漬け株にぶち当たるまで投資を繰り返すことになる。

・トレードは自然な心理状態に従うと失敗するようにできている。

・移動平均線は株価のトレンドを示し、反転ポイントになり、離れすぎると引き戻す力が働く。

・Wボトムの安値とネックラインまでの値幅をネックラインに上乗せした水準が第一目標。

・だましを避けるため週足平均線2本の向きと、株価の乖離率を確認する。

・損益比率1:2以上が見込めるかどうか検討してからポジションを張る。
評価☆☆☆☆☆

[2006年8月21日投稿分]

デイトレード勝ち続ける人の逆張りテクニック【二階堂重人】

著者は株式投資で生計を立てる個人投資家のカリスマ。
テクニカル分析を中心に勝率は8割超。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・デイトレードでの銘柄選びは値動きの良さがポイントで、企業の業績が良くて1年後に倍以上になりそうでも今日機動的に上がらなければ利益が上がらないので買わない。

・初押しは大きく上昇していないことが多く、利食い売りや高値警戒感が少ないため、逆張りの買が成功しやすい。

・リバウンド狙いで仕掛ける条件は、大幅ギャップアップか大陽線で暴騰した後、特別売り気配などで急落中に買い向う。
評価☆☆☆

[2006年8月25日投稿分]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。