へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月4週目東京市場の動き

~週間セクター別騰落率と市況~
値上がりランキング
1位 他金融 +8.47%
2位 鉱業 +3.66%
3位 鉄鋼 +3.10%
4位 証券 +3.09%
5位 化学 +3.06%
値下がりランキング
1位 通信 -3.47%
2位 海運 -3.40%
3位 自動車 -2.21%
4位 ガス -1.17%
5位 他製造 -1.50%

保険やその他金融株が買われる
商品市況高騰で、非鉄関連株が上昇
銀行や不動産は“往って来い”
円急伸し、自動車など輸出株が売られる
低位株物色が続く――新興市場にも波及

~25日移動平均からの乖離率ランキング~
乖離率プラス順
1位 4723グッドウィル +127%
2位 6937古河電池 +55%
3位 8584ジャックス +40%
4位 5410合同製鐵 +37%
5位 1972三晃金属工業 +37%
6位 5707東邦亜鉛 +35%
7位 8588セントラルファイナンス +32%
8位 5541太平洋金属 +32%
9位 6764三洋電機 +31%
10位 8519ポケットカード +30%
11位 5196鬼怒川ゴム工業 +29%
12位 5491日本金属 +29%
13位 3521エコナック +28%
14位 8263ダイエー +27%
15位 7908KIMOTO +26%
乖離率マイナス順
1位 8934サンフロンティア不動産 -22%
2位 8911創建ホームズ -19%
3位 2792ハニーズ -19%
4位 8597SFCG -19%
5位 6423アビリット -18%
6位 8868アーバン -17%
7位 8830住友不動産 -17%
8位 2681ゲオ -17%
9位 6287サトー -16%
10位 6735D&M -16%
11位 7550ゼンショー -16%
12位 8874ジョイント -16%
13位 8910サンシティ -16%
14位 8399琉球銀行 -15%
15位 9435光通信 -15%

スポンサーサイト

2/29の上場来高値更新銘柄

[1328]金ETF 3,280 +4% +11%
[2766]日本風力開発 476,000 +39% +80%
表示は最高値価格と25日・26週移動平均乖離率で前回高値更新日が1ヶ月以上前の場合はカッコで表す
参考[日経225] 13603.02 (前日比-2.32%) +1% -11%

3/3の上場来高値更新銘柄

[2766]日本風力開発 521,000 +47% +86%
[6255]NPC 5,640 +31% +48%
[1328]金ETF 3,300 +4% +10%
表示は最高値価格と25日・26週移動平均乖離率で前回高値更新日が1ヶ月以上前の場合はカッコで表す
参考[日経225] 12992.18 (前日比-4.49%) -4% -14%

3/4の上場来高値更新銘柄

[2766]日本風力開発 529,000 +31% +71%
[2371]カカクコム 668,000 +27% +49%
[6255]NPC 5,650 +25% +44%
[1328]金ETF 3,320 +4% +10%
表示は最高値価格と25日・26週移動平均乖離率で前回高値更新日が1ヶ月以上前の場合はカッコで表す
参考[日経225] 12992.28 (前日比+0.00%) -4% -14%

タートル流投資の魔術【カーティス・フェイス】

リチャード・デニスがそのトレード手法を伝授した十数人の中で、ズバ抜けた成績を収めた人が書き下ろした作。最初と最後の章やエピローグに重要なことが書かれていて、タートルのシステムについてはボーナス章に触れられているが、それ以外の章は読むのには退屈なよくあるシステムトレードの本と大きく変わらなかった。
【目次】リスク中毒/タートルの心をなだめる/いちばんきついのは、最初の200万ドルだ/タートルのように考える/エッジのある取引をする/エッジから転落する/リスクを測る/リスクと資金管理/タートル流積み木/タートル流トレーディング:一歩ずつ/バックテストのうそ/地に足をつけて/隙のないシステム/心の悪魔を手なずけろ/人生の目標は何か/タートル流トレーディング規則原本
楽天ブックスはこちら

my point is ...

・突き詰めるとトレーダーはリスクを売買する。
間違いを恐れて行動をためらったり、試みに失敗してもくよくよすることをせず、失敗が成功と学習の必要条件であること、それも人生の一部であることを知り、リスクを理解し、制御し、ともに踊れ。
冒険をしなければ何も得られない。リスクは友達だ。

・市場の種類は3種類。
1,通貨や金利などの市場で、政府や中央銀行が影響力を持ちファンダメンタル主導で、はっきりしたトレンドを伴うのでトレンドフォロー派に良い。
2,株式や商品などの市場で、スペキュレーターが政府や大手ヘッジャーより大きな影響を持ち需給主導で、トレンドフォロー派は取引しにくい。
3,個々の銘柄の集合体に連動するデリバティブで、指数に上下動が抑制されるしその基礎になっている物がそれぞれ投機的に動くことで相殺されることとモメンタムの希薄化があり、トレンドフォロー派にとってもっとも取引に適さない。

・優れたトレーダーになりたいなら、自我を乗り越え、謙虚さを身に着けなければならない。
謙虚になれば将来を計り知れないものとして受け入れることができ、予知しようという気を起こさずにすむ。
そして不利な展開になったり、損失をこうむって退出を余儀なくされたりしても、腹を立てずに済み、単純な概念に基づくルールを採用できる。

評価☆☆

3/6の上場来高値更新銘柄

[6255]NPC 5,800 +30% +55%
[2371]カカクコム 685,000 +25% +50%
[1328]金ETF 3,330 +3% +10%
表示は最高値価格と25日・26週移動平均乖離率で前回高値更新日が1ヶ月以上前の場合はカッコで表す
参考[日経225] 13215.42 (前日比+1.88%) -2% -13%

3月1週目東京市場の動き

~週間セクター別騰落率と市況~
値上がりランキング
1位 鉱業 +1.14%
2位 サービス -1.61%
3位 空運 -1.88%
4位 陸運 -1.94%
5位 水産 -1.97%
値下がりランキング
1位 造船 -12.45%
2位 不動産 -11.41%
3位 ガラス土石 -11.02%
4位 パルプ紙 -9.32%
5位 証券 -8.74%
6位 保険 -8.39%
7位 ゴム -8.36%
8位 精密機器 -7.46%
9位 自動車 -7.45%
10位 繊維 -7.11%

TOPIX 1247.77 -5.78%

不動産、銀行、高炉などが売り込まれる
自動車ほか輸出関連株も大きく下げる
資源関連の一角が逆行高――原油価格が高値更新で
日農薬・クミアイ化・井関農など農業関連が人気化
仕手系材料株や低位株に資金が向かう

~25日移動平均からの乖離率ランキング~
乖離率プラス順
1位 4823グッドウィル +95%
2位 2215第一屋製パン +29%
3位 4997日本農薬 +28%
4位 1972三晃金属工業 +27%
5位 8007高島 +27%
6位 6818島田理化工業 +26%
7位 6764三洋電機 +23%
8位 6519エネサーブ +22%
9位 7908KIMOTO +22%
10位 7961兼松日産農林 +21%
11位 9749富士ソフト +20%
12位 6269三井海洋開発 +20%
13位 3715ドワンゴ +19%
14位 6937古河電池 +18%
15位 5563日本電工 +17%
乖離率マイナス順
1位 8911創建ホームズ -43%
2位 8934サンフロンティア不動産 -34%
3位 8868アーバン -30%
4位 2792ハニーズ -29%
5位 8874ジョイント -28%
6位 4343イオンファンタジー -27%
7位 1819太平工業 -27%
8位 8910サンシティ -25%
9位 5333日本碍子 -24%
10位 5957日東精工 -23%
11位 6423アビリット -23%
12位 8963東京グロスREIT -23%
13位 8830住友不動産 -23%
14位 9030アート -21%
15位 2681ゲオ -21%

2月の各国主要株価指数

~国別月間騰落率降順~ ()内は前年比
+5.35% KOSPI (+20.76%)
+3.85% JASDAQ (-27.03%)
+3.73% HangSeng (+23.82%)
+0.08% FTSE100 (-4.65%)
-0.40% SENSEX (+35.87%)
-1.51% DAX (+0.49%)
-1.64% TOPIX (-24.45%)
-3.04% DOW (-0.02%)
-4.95% NASDAQ (-5.99%)

+0.49% 全世界平均
-0.41% 先進国平均(日本除く)
+7.58% 新興国平均
-1.69% 全世界REIT

~2月の需給動向~   %表示は市場シェア     単位:億円
投資家別売買動向 外国人64%-6 個人22%+1393 投信3%+583 法人など-2101
対内証券投資 株式-1063 債権+2560

3月2週目東京市場の動き

~週間セクター別騰落率と市況~
値上がりランキング
1位 鉱業 +1.28%
2位 輸送機器 +0.42%
3位 電力 +0.10%
4位 銀行 -0.44%
5位 水産 -0.55%
値下がりランキング
1位 海運 -10.64%
2位 造船-9.26%
3位 非鉄金属 -8.31%
4位 証券 -8.08%
5位 精密機器 -6.50%
6位 保険 -6.31%
7位 陸運 -6.12%
8位 化学 -6.12%
9位 不動産 -6.07%
10位 建設 -6.00%

TOPIX 1193.23 -4.37%

不動産や金融関連が大幅安
ハイテク・自動車など輸出関連も売られる
資源エネルギー株の一角が堅調
主力株が相次ぎ昨年来安値を更新
増配発表銘柄を物色する動き

~25日移動平均からの乖離率ランキング~
乖離率プラス順
1位 4723グッドウィル +36%
2位 9749富士ソフト +23%
3位 9115明治海運 +23%
4位 6423アビリット +23%
5位 6937古河電池 +19%
6位 5702大紀アルミニウム工業所 +18%
7位 1972三晃金属工業 +17%
8位 3882紀州製紙 +17%
9位 1334マルハニチロ +16%
10位 4725CAC +14%
11位 6335東京機械製作所 +13%
12位 7102日本車両製造 +13%
13位 2372アイロム +12%
14位 8236丸善 +12%
15位 6818島田理化工業 +12%
乖離率マイナス順
1位 8911創建ホームズ -43%
2位 8868アーバン -39%
3位 8934サンフロンティア不動産 -38%
4位 8874ジョイント -35%
5位 4343イオンファンタジー -34%
6位 8993アトリウム -33%
7位 8597SFCG -31%
8位 8809サンケイビル -30%
9位 1872アゼル -30%
10位 7744ノーリツ鋼機 -29%
11位 6737ナナオ -28%
12位 8423フィデック -28%
13位 1819太平工業 -27%
14位 6929日本セラミック -26%
15位 7212エフテック -26%

株式投資再入門【中原圭介】

題名から推測できるとおり、重要だけど当たり前のことが多く、新たな発見はほとんどなかった。
著者ブログ⇒中原圭介の資産運用塾 ~New~
【目次】プロローグ 「負けて当たり前」と思える人だけが「勝ち組」になれる!/第1章 「なぜわたしは失敗したのか?」9割の株投資家が陥ったワナ/第2章 「負けグセをなくせ!」1割の勝ち組投資家に学ぶ必勝セオリー/第3章 世界のトレンドを見て投資のタイミングを探る/第4章 日本のトレンドを見て投資のタイミングを見きわめる/第5章 個別銘柄のトレンドを見て投資のタイミングを見きわめる
楽天ブックスはこちら

my point is ...

・うれしさや痛みの感じ方は、額が2倍3倍になったとしてもそのとおりに比例しない。これを心理学では価値効用理論というが、時間軸が加わると価値の感じ方が加速度的に鈍さをましていく。
これによって含み損を抱えた直後の痛みは、時間が経つに連れて鈍くなっていく、という問題点を把握してコントロールする必要がある。

・株式投資で勝つ人に必要な能力
1.経済を分析する能力
2.消費者の心理を読み取る能力
3.政治国際情勢を予測する能力
4.金融情勢を正確に読み取る能力
5.市場参加者の心理を読み取る能力
6.市場の方向性を予測する能力
7.有望株を選別する能力
8.株化に対する適正な判断力
9.勝負どころを見きわめる能力

評価☆☆

3月3週目東京市場の動き

~週間セクター別騰落率と市況~
値上がりランキング
1位 パルプ紙 +8.97%
2位 小売業 +7.28%
3位 水産 +6.09%
4位 空運 +5.34%
5位 証券 +5.17%
6位 他金融 +4.96%
7位 他製造 +4.24%
8位 輸送機器 +4.01%
値下がりランキング
1位 鉱業 -15.06%
2位 海運 -9.12%
3位 石油石炭 -7.46%
4位 商社 -4.94%
5位 非鉄金属 -4.51%

TOPIX 1220.04 +2.25%

金融、小売、不動産など内需関連が買われる
ハイテク・自動車など輸出関連も堅調
市況反落を受け、資源関連株が逆行安
原油高一服で、紙パルプ株が買われる
自社株買い発表銘柄が物色される

~25日移動平均からの乖離率ランキング~
乖離率プラス順
1位 6423アビリット +46%
2位 2392セキュアードキャピタルジャパン +24%
3位 7908KIMOTO +23%
4位 5218オハラ +22%
5位 4725CAC +22%
6位 9115明治海運 +19%
7位 8173上新電機 +19%
8位 9412スカパーJSAT +18%
9位 5302日本カーボン +17%
10位 9749富士ソフト +16%
11位 3715ドワンゴ +15%
12位 5196鬼怒川ゴム工業 +15%
13位 4756カルチュアコンビニエンスクラブ +15%
14位 3391ツルハ +14%
15位 6958日本CMK +14%
乖離率マイナス順
1位 8934サンフロンティア不動産 -40%
2位 8613丸三証券 -35%
3位 8911創建ホームズ -34%
4位 4343イオンファンタジー -29%
5位 7537丸分 -29%
6位 8874ジョイント -28%
7位 3360グリーンホスピタルサプライ -27%
8位 8944ランドビジネス -24%
9位 4971メック -24%
10位 3315三井鉱山 -24%
11位 1872アゼル -24%
12位 9113乾汽船 -24%
13位 4723グッドウィル -23%
14位 8963東京グロスREIT -23%
15位 1518三井松島産業 -23%

3月4週目東京市場の動き

~週間セクター別騰落率と市況~
値上がりランキング
1位 鉱業 +11.05%
2位 海運 +10.95%
3位 ガラス土石 +6.62%
4位 ゴム +6.38%
5位 小売業 +5.54%
6位 倉庫 +5.44%
7位 商社 +5.42%
8位 輸送機器 +5.07%
9位 鉄鋼 +4.55%
10位 非鉄金属 +4.52%
値下がりランキング
1位 水産 -10.95%
2位 他金融 -6.43%
3位 保険 -2.23%
4位 空運 -1.69%
5位 他製造 -1.34%

TOPIX 1243.81 +1.95%

資源関連株が反発
自動車・ハイテクなど輸出株がしっかり
不動産株や紙パルプ株が週末に買い戻される
金融株や水産株が冴えない
ネット関連株の一角が堅調

~25日移動平均からの乖離率ランキング~
乖離率プラス順
1位 4725CAC +29%
2位 4614トウペ +28%
3位 7445ライトオン +28%
4位 8168ケーヨー +27%
5位 9449GMOインターネット +25%
6位 6423アビリット +22%
7位 6839船井電機 +22%
8位 6735D&M +22%
9位 6247日阪製作所 +21%
10位 5218オハラ +21%
11位 1964中外炉工業 +21%
12位 9997ベルーナ +21%
13位 7908KIMOTO +20%
14位 4996クミアイ化学工業 +20%
15位 3715ドワンゴ +20%
乖離率マイナス順
1位 8934サンフロンティア不動産 -46%
2位 8874ジョイント -35%
3位 8613丸三証券 -33%
4位 8911創建ホームズ -26%
5位 8944ランドビジネス -26%
6位 8868アーバン -25%
7位 8423フィデック -24%
8位 8089すてきナイス -22%
9位 6927フェニックス電機 -21%
10位 6807日本航空電子工業 -21%
11位 8993アトリウム -20%
12位 8258OMCカード -20%
13位 3434アルファ -20%
14位 1872アゼル -19%
15位 8913ゼクス -19%

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。