へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株を極める! 仕掛け・損切り・利食いプロのノウハウ【照沼佳夫】


現役ヘッジファンドマネジャーの著者が独自に確立したスイングトレードの手法を解説した本。つなぎ売りの考え方なども参考になる。
【目次】序章 なぜ今、株式投資なのか/第1章 株式投資の実態/第2章 株式投資の基本思考/第3章 5勝5敗で利益を出すシステム/第4章 売買技術の基本/第5章 株価変動のメカニズム/第6章 銘柄選択と仕掛けのタイミング/第7章 利食い・損切りのタイミング
著者のブログ⇒照沼佳夫日記

楽天ブックスはこちら



my point is ...

・判断をするときあれこれ考えるとほとんどの答えは曲がってしまうので、自分なりの売買ルールなどを書き出しておいてそれに従って機械的に判断する。

・株式投資では損失を容認しなければ次のステップに進めない。

・ボラティリティを測る簡易法は過去6ヶ月の高値と安値が2倍以上かどうかで見る。
小刻みな売買を希望する場合、変動幅が小さくレンジ内で動き易いので逆張りで対処する。

・過去1年の最高値から10%下までの間にある出来高を加重平均して"基点"となる株価を計算する。株価が基点より上にあればサポートとして、下にあればレジスタンスとして機能する。

・空売りする銘柄の条件は、資本金が300億円以上、浮動株比率30%以上だと仕手に狙われにくく、信用の買い残が多くて取り組み倍率が4倍以上が望ましい。

・陽線連続で上げてきたところで大陽線の大出来高となった場合か前日より1単位でも出来高が減少した場合は上げ止まり、陰線連続で下げてきたところで大陰線の大出来高となった場合は底打ちの可能性が高い。

・正しい押し目買いは上昇トレンド内での押し目で買うことであって、下降トレンドでの押し目を買うことではない。

・正しい空売りポイントは、高値から2~3ヶ月以内に訪れる20%前後調整した後の急な戻り局面で出来高が少ない場合、前回高値時の基点近辺で陰線を確認した翌日。
この二番天井を売る作戦の例外は高値と戻り高値の期間に最低出来高ができた場合いは高値を更新する可能性が高いため出来高に注意する。

・プロとアマチュアの違いは"損切り"と"つなぎ"にある。つなぎ売りは無駄なように思えるが、処分と建て直しを操れるようになる方法。
評価☆☆☆☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。