へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分と未来は変えられる【高塚猛】

著者はリクルート出身の再建請負人と呼ばれるプロ経営者で、元福岡ダイエーホークスやダイヤモンド社などの社長を務めたがセクハラで逮捕された。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・仕事をしてきた人や事柄を否定しても何も始まらない。

・始めから自分の言い分は3割しか通らなくて当たり前と思って、相手の言い分を尊重しあげていると良好な人間関係を生むので、自分の大切な主張を受け入れてもらえる。

・自分に自信がある人は相手のプライドを傷つけないように分かりやすい言葉で話が出来るが、役職や見栄にこだわる人は難解な言葉を使うことで自分の立場を強め説得しようとする。

・人に借りをつくるなという言葉があるが、コミュニケーションを良くするには相手に知識や経験・知恵などの貸しを持ってもらうことで優越感を譲る。
例)ねぎらいの言葉をかける場合は「大変だね」より「助かるよ」

・良い結果を出すためには人にプレッシャーをかけてはいけない。
上司の仕事は部下の重圧をといてあげる事。怒るときは未来に向かって直してもらいたいことを(いからずに)叱る。

・事業を成功させるうえでは、大切なことをするために正しいことを捨てる勇気を持つ。美しいからといって全部活けてしまったら生け花にはならない。
評価☆☆☆☆

[2006年5月23日投稿分]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。