へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾーン【マーク・ダグラス】


ゾーンは人間の習性がもたらす障壁を乗り越えて達するといわれている悟りの境地。その状態が相場の世界で長く生き残る条件。
とても良いことを書いてあるが文体が読みにくい。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・分析を質量ともに向上させたとしてもトレードの難しさは解決できず、一貫した結果は残せない。

・自分の姿勢と精神状態がはっきり結果となって表れる。

・失敗が続いているときや、期待している方向と反対のことが起きた場合、本能的に不都合な情報を阻止してあいまいにする別の情報を探して精神状態を維持する。その過程で機会を逃し「すべきだった」と後悔し苦痛になる。

・自分の欲求や期待通りにならないことを恐れている限りミスを犯す。恐怖は苦痛への脅威から生まれ、焦点の狭小化や逃避などを起こして前向きな行動を難しくする。

・リスクを許容できていれば失敗しても自分の規律・集中力・自信を失わず、葛藤なく事実を認める。

・最高のトレーダーは恐れない。そして瞬間の唯一性を信じる心の鍛錬をしていれば不快感なく結果を受け入れる。これが勝利者とその他大勢の差であってトレード方法やタイミングではない。

・全てのトレードが予測できないことを信じてリスクを前もって明確にし、システム化された利食い方法を持つことが必要。

・マーケットに臨む準備はどうやって勝とうとか負けを免れる方法を考えるのではなくて、マーケットの流れから自分の優位性がある機会を認識できる最高の心理状態にすること。

・利益を得るためには先がどうなるか知る必要はないし、気にしない。自分が次にどうしたよいかさえ分かっていれば良い。

・相場で失敗して後悔しているときだけでなく、勝ち続けて浮かれているときに8章と11章を読み返す。
評価☆☆☆☆☆

[2006年6月18日投稿分]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。