へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物取引 基本と実践【増田丞美】

著者はオプション取引の第一人者。この本を読んで先物は怖いという固定観念を鵜呑みにしていた無知な自分が恥ずかしくなった。商品先物はやらないけど。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・勝ち逃げが重要。
継続的に勝負すれば胴元の優位性で不利になる。

・損しても感情的にならない範囲で取引すれば、絶対勝てないパニック状態のギャンブラーにはならない。

・マネーマネジメントはリスクと胴元の優位性を減らし最終的に利益を残す重要な戦略。
勝率50%で勝つマネーマネジメントシステムの例は、負けるたびに掛け金を増額し勝つ毎に減額する。

・トレードでは、結果を偶然にゆだねない。
勝算がない勝負をすることはギャンブルという。

・チャートの欠点を補うために場帖をつけること。

・順張りはトレンドが強いときに効果的で、逆張りはトレンドがないレンジ相場で有効。

・順張りの場合はトレンドの転換点(DMIやMACDで判断)か、ブレイク確認で仕掛ける。

・逆張りでは乖離率やRSIで行き過ぎを観察し、直近の高値や安値をブレイクできなかったとき(2Bパターン)に反転を確認したらすぐに仕掛ける。
評価☆☆☆

[2006年6月23日投稿分]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。