へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業種別週間騰落TOP5と3月4週目の需給動向

~3/26から3/30まで立会い日の需給~     単位:億円   
投資家別売買動向 計+18   三市場売買合計代金27兆6746
外資62%+807 個人27%+2269 投信2%-333 法人8%-362 証券-345
裁定取引残高 買残4兆334 売残12
三市場信用残 3.06倍=買4兆3746/売1兆4293 評価損益率-5.79%
Jasdaq信用残 12.03倍=買1888/売157 評価損益率-18.52%
マザーズ売買代金 6575 個人81%-5
対内証券投資 株式+312 債権-6130
参考値 ドル119.24 ユーロ159.55 国債1.670 金679.4 原油64.28

~週間業種別騰落率~
値上がりランキング
1位 ゴム +4.94%
2位 精密機器 +4.81%
3位 その他製造 +3.67%
4位 電気機器 +2.35%
5位 サービス +2.06%
値下がりランキング
1位 鉱業 -5.84%
2位 不動産 -5.46%
3位 鉄鋼 -3.50%
4位 陸運 -3.03%
5位 輸送用機器 -2.88%

新年度に入り、電機や半導体などハイテク株に資金がシフト
牽引役だった鉄鋼や不動産は利食い先行
原発関連物色に一服感――環境関連は引き続き堅調
2月期の本決算発表が相次ぎ、好業績銘柄が買われる
週末は様子見ムード強まり、低位株に目先資金が向かう
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。