へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業種別週間騰落TOP5と4月1週目の需給動向

~4/2から4/6まで立会い日の需給~     単位:億円
投資家別売買動向 計+187   三市場売買合計代金30兆6955
外国人62%+4868 個人26%-3304 投信3%+60 法人9%-1026 証券-316
外資先物手口 現物+4867 日経先物+1274 TOPIX先物-907 合計+5234
裁定取引残高 買残4兆751 売残22
三市場信用残 2.94倍=買4兆2762/売1兆4541 評価損益率-6.45%
Jasdaq信用残 12.25倍=買1886/売154 評価損益率-23.42%
マザーズ売買代金 7175 個人81%-44
対内証券投資 株式+4801 債権-589
参考値 ドル119.23 ユーロ161.32 国債1.660 金689.9 原油63.63

~週間業種別騰落率~
値上がりランキング
1位 海運 +6.02%
2位 造船 +3.24%
3位 その他金融 +2.15%
4位 鉄鋼 +2.09%
5位 空運 +1.83%
値下がりランキング
1位 保険 -3.94%
2位 紙パルプ -3.24%
3位 自動車 -2.77%
4位 精密機器 -2.72%
5位 輸送用機器 -2.71%

主力ハイテク株は上昇一服――東芝・ソニーは堅調
自動車株が冴えない――トヨタが年初来安値
海運・造船株がしっかり
「Wii」関連や、有機ELテレビ関連が物色される
新興市場は軟調も、一部銘柄にリターン・リバーサルの動き
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。