へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損をして覚える株式投資【邱永漢】

約半世紀前、成長株理論を提唱して株価を大きく動かし、株の神様と呼ばれた著者のわかりやい言葉による集大成。
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・株は安いときに仕入れて高くなったところで売れば儲かるから安くなったときに買えばいいと誰でもわかっているが、株の安いときはそれなりの理由があって安くなるから、もっと安くなるんじゃないかという恐怖に駆られて大抵の人が買い控え、天井付近でとびつき買いをする。

・多くの人が買値より下げている間我慢し続け、買値まで戻るとあせって売却するが、本当に辛抱が必要なのはその後。

・株式投資は金儲けの場というよりは「精神修業の場」

・証券会社は投資信託で儲けているから、強気を主張するほかない。

・失敗から勉強したことの第一に「初志を貫くこと」第二に「忍耐には忍耐を重ねて途中で投げ出さないこと」

・お金の大きな流れの変化を見ていれば、経済構造の変化がつかめる。

・通貨高は国の値打ちを上げる分、大量に保有する外貨の値打ちを引き下げる。

・日本は稼いだ外貨で外債や不動産を買い目減りさせ、中国は外貨で石油や鉄鋼などの資源の権益を確保する。

・人気さえあれば考えられないような高値まで上るが、人気は長く続かない。

・いくら解散価値があっても買いたい人がいなくなれば二束三文でも人が振り向いてくれない。

・昔経験した知識をもとにして次の時代を予想したら必ず間違える。
評価☆☆☆☆

[2006年7月13日投稿分]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。