へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラ売り「勝利の十則」【三木彰】

上昇トレンドの中でも空売りで儲けるための本
楽天ブックスはこちら



my point is ...

・株式投資は投機という名の戦争だと考える必要があり、株式市場やその周辺に流されている情報は、投資家に高く買わせて安く売らせるためのもの。

・1千億円以上のIPOや増資の直前は機関投資家の売りによって株価が下げやすくなる。

・暴騰時に売る人は、売り逃げを狙って早めに参加していた投資家で、買う人は情報に踊らされるバカな投資家といわれる層で、株価はファンダメンタルで決まり多くの人が買う優良株はもっと上がると考える小口の投資家。

・天井をつけたか判断するには「まだ上がる早く買わなくては」という心理状態が維持できなくなる上昇初期は5日、中期は3週間以内に高値更新しないことを確認する。
天井をつけるときは前高値の2倍以上の大出来高になる。

・大商い後に安全な空売りするためには2ヶ月待つ。

・経験則から上昇トレンドで保合いに入ったら上放れしやすく、下降からから入ったら下に放れやすい。

・大多数が下がると感じ始めたら下降相場の終わりに近いので追撃売りは禁止。
評価☆☆

[2006年8月4日投稿分]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。