へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式市場「強者」の論理【中原圭介】

題名の論理部分は一般的に知られていることが述べられているに過ぎないと感じた。
対策は安全なポイント以外で過剰なリスクを抑えるという、自分で相場をやらない人でも書ける内容だった。
著者ブログ⇒中原圭介の資産運用塾 ~New~
【目次】第1章 マーケットの厳しい現実/第2章 マーケットの強者の論理/第3章 個人投資家の対抗策/第4章 心理戦を制するものは勝ち組投資家になれる/第5章 外国人投資家を理解する/第6章 資産を数十倍にする方法
楽天ブックスはこちら

my point is ...

・外資系証券やファンドは心理戦や情報戦を駆使して株価の乱高下を仕掛ける。格付けやレポートなどは彼らが儲けるために作られる。

・外国人投資家の日本株資産は、円安で買い円高で売る傾向がある。

・特に信用取引で買ってはいけない時は、中長期的な上昇トレンドが転換した直後。
直後は短期間で大きな下落をすることが多く、押し目と勘違いしてナンピンすると大きな含み損を抱える。
このケースではトレンドに逆らわずにいったん持高を解消して、その後の暴落を待って買いを入れるか、次がボックストレンドであることを確認してから買う。
評価☆☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。