へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧デイトレのマイルールと定義

○素早く利食い、持ち越しはしないでデイトレに徹する。

○仕掛ける方向は、大きなトレンドに準じる順張り。

○逆張りの考え方で仕掛けるとロスカットをしにくいのでスタンスは順張りにし、流れが変わるまでリバウンドは狙わない。

○市場全体が上げムードになったのを確認したら、空売りできない新興成長株を買建する。

○貸借銘柄を買建するときは、回転日数が10日以上で売残が多い銘柄にする。

○売買高が500単位未満か、1日あたりの売買代金1億円未満の銘柄はデイトレを避ける。


ここからは定義
________________________
□デイトレ=分単位(1日以内)最長でも場を1つまでしか持ち越さない。
 ニュース=心理、波動

□スイング=日単位(20日位迄)&短期=週単位(26週迄)
 経済環境=機会,チャート=タイミング

□中期=月単位(24ヶ月迄)&長期=年単位(4年迄)
 B/S=安全性,P/L=成長性,指標=効率比較
________________________
□大型株=時価総額500億円以上
 1081銘柄、全体の28%

□中型株=時価総額100億円以上
 1358銘柄、全体の34%

□小型株=時価総額100億円未満
 1476銘柄、全体の38%
銘柄数10/18時点

[2006年6月16日投稿分]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。