へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月別の相場要因

本で仕入れた知識もまとめておかないと記憶が曖昧になるので記録しました。
他の本でもいろいろ読んだはずだけど、すでにうろ覚えのため見つけしだい追加します。

1月 中国株買い
1月が月初より高く終えたらその年は上昇し、陰線で引けたら年間も下落になるアノマリーは為替でも株式市場でも有効。
欧米企業の決算期初めで2日から資金が流入
  ○後半に米大統領の教書演説がある
2月 日本株売り
  
3月 日本株売り
日本企業の決算期で前半に円高
______________________________________________________________
4月 月末総手仕舞い
新年度入りで3月31日午後から1日にかけて資金流入が多い。
例年パフォーマンスが良い。
ゴールデンウイーク前の円売り
  ○上旬イースター休暇
5月 
  ○決算発表
6月 中国株売り
  
______________________________________________________________
7月 中国株売り
  
8月 日本株買い
  ○欧米のバケーションで相場閑散
9月 日本株買い
例年パフォーマンスが悪い。
  
______________________________________________________________
10月 米国株買い
海外投資家が節税対策で売り。
11月 米国株買い
  ○中旬から12月前半にかけて欧米企業の決算期でポジション調整
12月 中国株買い
  ○上旬に米国企業海外拠点からの利益送金でドル高
  ○中旬から閑散で28日から動く
_______________________________________________________________
月別リターンが9・10月は低く、1・3月は高い。
西暦の下一桁が、3 7 0の年は過去に下落が多い。
[2006年4月25日投稿分]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。