へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新マーケットの魔術師【ジャック・D. シュワッガー】

投資関係の本としては異例の20年ロングセラーである前書の続編。

【目次】第一章 トレードの予測/第二章 世界で最も大きなマーケット/第三章 先物取引―バラエティに富んだマーケット/第四章 ファンド・マネジャーと投信タイマーたち/第五章 マルチマーケットのプレーヤーたち/第六章 カネ儲けマシーン/第七章 トレーディングの心理学/第八章 クロージング・ベル/付録 オプションの基礎を理解するために
楽天ブックスはこちら

my point is ...

・損をしてはいけない資金でのトレードは、良好なポジションを作っていても時期尚早の段階で利益確定し、損をしているポジションは必要以上に持ち続けて失敗する。
ウォール街の古い格言に「脅えたカネで勝つことは出来ない」と言う。

・注目するのはニュースではなく、ニュースに対するマーケットの反応。もし連続して流れた弱気のニュースに市場が反応しないなら、差し迫っている強気相場の証拠。

・強い確信を持っているトレードなら勝負にすべてをかけ、レバレッジをかけた収益を乗りこなす勇気が必要だとソロスは教えた。

・マーケット指標は通常20%程度の変動幅でトレンドを持つ。そのトレンドが若いうちはテクニカル分析がうまく機能しないことがあるので、マーケットがどの段階にあるかを知らずにトレードするのは20歳の青年と80歳の老人に同額の保険料で生命保険を販売するようなもの。

・トレードーとして成功するためには自分の誤りを即座に認める度量がなければなりません。トレーディング以外には、自分の過ちを認めなければ成らない職業は存在しない。

・自分自身の観察者になるのはお勧めの方法。「このトレードをする自分を見てやろう」と言えば、正しい行動をストレスなく行える。

・ブレアー・ハルのルールは、①トレードの回数は少なく、確信を持ったときだけにする。
②支配的になっているマーケット材料と反対のポジションを建てる。
③トレードタイミングは、マーケットの混乱を最高潮にするであろう出来事に合わせる。

・トレーダーが成功するかどうかの最高の指標は、時間や経験とともに上達しているかどうか。進歩がない人は、常にあるシステムや手法から別のものに乗り換えてばかりいるためにどれも熟練できない。

・負けるトレーダーの特徴として、自信の欠如、損失への恐れ、注文の執行が上げられるが、その全ての根底は取引戦略の欠如に由来する。

・優秀なトレーダーは自分の戦略を貫くことで長期的に勝てることを確信しているので、一つ一つの負けトレードに対する恐れはなく、逆に負けることは必然で避けることが出来ないと悟っている。
負けることへの恐怖こそが負けの元凶となる。負けを背負うことに耐えられないと、結局大きな負けを背負うことになるか、絶好のトレードチャンスを逃してしまうことになる。

評価☆☆☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。