へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから10年長期投資のロードマップ【岡崎良介】

シェークスピアの『ヴェニスの商人』におけるアントニオとシャイロックを引き合いに、リスクの取り方と様々な経済指標を分析した為替や株式市場の循環、それを利用した長期投資を唱えながら偏見のない教科書のような良書。
著者ブログ⇒http://phi.fisco.co.jp/user/87406
【目次】第1章 長期投資をするときに考えておきたいこと(『ヴェニスの商人』は投資の本でもあった/利息は神様のお恵み!? ほか)/第2章 これから10年長期投資のロードマップ(資本主義を貫く2つの法則/これから10年長期投資のロードマップ ほか)/第3章 株価、金利、為替をどう読むか(景気と株価は地道なデータ観察から合理的に考える/日本の景気は2~5年かけて拡大し、ストンと落ちる ほか)/第4章 リスクを制するものが投資を制する(リスクの存在/大不況は政治が引き起こす ほか)/第5章 長期投資家としていかに生きるか(運用期間85年!本物の長期投資家/一番安全で効果的なのは、歴史の波に乗ること ほか)
楽天ブックスはこちら

my point is ...

・歴史上の恐慌と呼ばれるものすべてが、資本提供や融資の道が閉ざされるときに起因する。

・第1の転換点は、金利が上昇し景気が山を向かえるところでは大型成長株投資モデルから小型成長株を小額か、債権投資などの無リスク資産投資などへ変更していく。
第2の転換点では、景気の後退とともに株価は全体として下落するなか、現在価値を使った割安株投資のアプローチで上値を追わず下がったところを丹念に拾う。
第3の転換点では、時間ばかりが過ぎてまた景気が下降局面に向かうので、再び短い小型株の時代に移る。
第4の転換点(この本における推測では2015年頃と08年?)は、景気、株価、金利が十分に下がり(10年国債利回りで2%程度)、すべてが底打ちするとき大型成長株が再び買われる。

・為替の動きを予測する方法があるとすれば、米国の金融政策しかない。

・金融引き締めによるオーバーキルは、FFレートが米国の名目成長率(物価上昇分を加えたGDP)を4%以上も上回る水準に引き上げられた後7ヶ月以内に起こっている。

・資本主義社会は発展し拡大していくことを宿命付けられているため、常に少し大目のお金が必要となる。

・マネーサプライこそが本当の意味で景気の現状を表す指標であり、一国の経済の言わば血圧を測る道具。歴史的に見ればマネーサプライの伸びは3~7%が正常な状態で、現在の日本は2%程度と低血圧なので元気に活動できていません。

・いつの時代も長期投資家にとって最大リスクが政治であることは、胸に刻んでおかなければならない事実。そして政治はある日突然動き出し、その流れは容易に止まるものでないことを認識しておかなければいけない。

・戦後の混乱期にあらゆる金融資産が紙くず同然の価値にまで落ちる中、都心の一等地の不動産だけが生き残った。

・一つの資産にこだわっていては時代の流についていけないリスクの方が高く、その時代の流れは何かというと景気、その景気は何が決めるのかと言えば米国の景気、さらには米国の金融政策になる。

評価☆☆☆☆

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。