へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資の稼ぎ方【永野良佑】

この数年で話題に上った実例の中からの説明でとても食いつきやすく分かりやすかった。日本人が金融で国益を損なってきたのは日本人の性質によるものだと改めて思う。
【目次】第1章 外資は不動産でいかに儲けたか?(全日空ホテル高値購入の理屈―日本経済を信じる外資/不動産私募ファンドとREIT―売り手に回る外資/ゴルフ場ビジネスの裏側:倒産会社の利用法/「旅館再生」という不動産ビジネス:観光地を作ることはできない/シーガイア、USJ:外資がいつも儲けているばかりではない/福岡ドームの成功:コロニーは何に目をつけたのか)/第2章 外資系ファンドの正体と複雑な金融技術の裏側(企業買収ファンドという黒船:目的は株価釣り上げなのか?/ヘッジ・ファンド:“悪魔の手下”の投資手法/ゴールドマンの三井住友銀行への出資に見る外資の儲け方/困ったときのデリバティブ:グッドウィルがドイチェに頼った理由/個人向け金融商品にも外資:国際的なネットワークとデリバティブ力)/第3章 外資のM&Aは日本にとって脅威か?(外資による救済―日産自動車とマツダ/金融機関の外資化―証券・銀行の双方で進む/ウォルマートとテスコ―西友が軌道に乗らず、つるかめが好調な理由/外資系生保・消費者金融―目のつけどころとビジネスのやり方)
楽天ブックスはこちら

my point is ...

・ファイナンスの理屈は単純で大きな利益を得ようとするなら、大きなリスクをとらなくてはいけない。外資はリスクが大きいことを悪いことと考えずに実行している。

・バブル崩壊後、多くの日本人に土地の価格が上昇することに期待してはいけないというトラウマが生まれたが、インフレ時に最も魅力的な金融商品は不動産。

評価☆☆☆
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。