へたっぴ投機家のまじめなトレード日誌

日経225先物でデイトレーダーとしてシステムトレードに徹し、 オプションでチャーチストとして転換点に挑み、 日本株でポジショントレーダーとしてシナリオを軸としたスイング中心に、 外国株式と為替(FX)では配当やスワップ金利を狙う『総合投資家』を目指してます!

専業投機家ken

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月2週目の需給動向とマザーズ週足チャート分析

先週のジャスダック長期チャートで予測したとおりに新興市場が動き出したので、今週はマザーズ指数の週足分析でダマシかどうかをチェックしました。

~マザーズ週足分析~【ロウソク足&DMI】
7-03マザーズ週足昨年1月のライブドアショックから大きく下げた後6月中順に上値抵抗線を上回ったが、そのときはチャートのダマシに終わった。
そのときをDMIで見るとピンクのマイナスDIが緑のプラスDIより大きくて下降トレンドにあることを示し、トレンドの強さを測るADXは上昇していて他の2本のDIよりも高く、かなり大きな下降トレンド中であることを示している。
今回はその後に発生した2本目の上値抵抗線を超えただけでなく26週移動平均線も約1年ぶりに超えて、+DIと-DIのゴールデンクロスをともなっている強さから、本当の戻り局面にある可能性が高いことを予測できる。


~1/4から1/12まで5.5立会い日の需給~     単位:億円   
裁定取引残高 買残4兆8717 売残70
三市場信用残 2.34倍=買3兆6778/売1兆5709 評価損益率-6.57%
Jasdaq信用残 10.33倍=買1993/売193
主体別売買結果 計-109
外資62%+1294 法人9%-306 投信3%-332 個人25%+104 自己-841
マザーズ売買代金 8926 個人84%+40
対内証券投資 株式+2464 債権-839
参考値 ドル121.22 ユーロ157.14 原油53.41
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。